ブルーウォーターダイビングがしたい! おすすめダイビングエリアと解説

黒潮の中を潮に乗って潜るブルーウォーターダイビング。360℃真っ青な世界に思いっきり身を任せてリラックスするもよし、大物との遭遇を期待するもよし、いつもの底が見えるダイビングとはまったく違った浮遊感が味わえる。すでにハワイやグアムなどでは人気のダイビングスタイルだが、国内でも紀伊半島や西伊豆などで体験することができる。

ブルーウォーターダイブに挑戦!

日本の代表的なブルーウォーターダイブスポット

国内では、黒潮がもっとも接岸しやすい紀伊半島や伊豆半島などのダイビングサービスで開催されている。たとえば紀伊半島・須江の場合、ポイントまではボートで30分(最大でも50分)ほど。およそ40分のダイブタイムで黒潮の中を平均して4マイルほど流される。安全管理のために水深15mにディプスコントロールバーが、水深5mにセーフティストップバーが用意されている。ダイビング自体は難しいものではないので、それほどダイビング経験がなくても大丈夫。行われるのは海洋状況が穏やかなときだけ。

もっと知りたい! ブルーウォーターダイビングのこと

ブルーウォーターダイビングって?

フィリピンから流れてくる暖流、黒潮に乗ってドリフトするのがブルーウォーターダイビング。黒潮が本州に接岸する6~9月頃までの期間限定で、海況などの条件が揃ったときにしか開催されない。ボートを走らせ黒潮を見つけたら、安全のための装置(バーやラインなど)を下ろして順々にエントリー。透明度は20、30mオーバーで、いいときには50mにも。宇宙空間のような浮遊感が味わえるが、みんなが同じように流れに乗っているのでスピード感はそれほど感じない。潮目に集まる大物生物を目撃することもしばしば。

必要なスキルは?

開催するダイビングサービスによっては、次のように参加条件を定めているところもある。「ボートダイビングの経験が20本以上」「ドリフトダイビングの経験がある」「18m以深(ディープダイビング)の経験がある」「緊急用マーカーブイを携帯し、なおかつ使用できる能力がある」「水面上で使用できる笛やブザー等を装着している」。安全に楽しむためにも、必要なスキルはきちんとチェックしておこう。

何が出るかわからないドキドキ感、ときにはイトマキエイといった大物が現れるブルーウォーターダイビング。黒潮が接岸する夏季限定のお楽しみなので、チャンスがあればぜひチャレンジしてみて!

AUTHOR

Suga

DIVER ONLINE 編集部

おすすめ記事RECOMMEND

  • PR

    【ダイバーズストア】くもりどめも自然に優しいものを選…

  • PR

    BABY-Gサマコレ Feat.みちょぱ

  • PR

    神尾楓珠が体験!【タイ】タオ島・サムイ島で、海に優し…

  • PR

    【vol.2】北スラウェシの海を巡る旅~バンカ~

  • PR

    【ダイビング経験者大歓迎】好きを仕事にしよう!潜水士…

  • PR

    【GW直行便】フィリピン・ボラカイ島のダイビング&観…

  • PR

    秋冬限定「オーシャンヴィレッジ三浦」が『海に一番近い…

  • PR ヤドカリ

    デザイン性がスゴイ!知られざるヤドカリの世界

  • PR

    スーパーブルーの海へ! 「ブルーアース21都立大」で…

  • PR

    品川祐さんがオススメ! 沖縄ケラマの遊び方

  • PR

    【ダイバーズストア】くもりどめも自然に優しいものを選…

  • 【海にやさしい日焼け止め】今話題のTAEKOの日焼け…

  • 【募集終了】スーパーブルーの支笏湖へ!北海道の大自然…

  • 【募集中】サーフィン体験&2ビーチダイブ付き!2泊3…

  • ~娘・息子からお父さんへ~父の日に贈りたいDIVER…

  • 【国際線】ダイビング器材は海外に持っていける?預け荷…

  • 4日間休暇におすすめ!タイ・ラヨーン朝から晩まで充実…

  • 「CLUB DIVER」2020年ツアー&イベントス…

  • 古見きゅう、GARMINのダイコン操作を直伝