4日間休暇におすすめ!タイ・ラヨーン朝から晩まで充実のダイブクルーズ最新情報

4日間のお休みで満喫できる人気のタイ・ラヨーンの船旅について、旅のプロ集団「ダイブナビ」スタッフに、シーズンや最新ダイビング情報を聞きました。

INDEX

ラヨーンはどこにある?

人気急上昇おすすめはダイブクルーズ

タイ最大級の沈船と魚群のコラボが迫力満点

観光も買い物も楽しめる

シーズナリー、費用、おすすめポイント

タイ航空で行くラヨーン4日間の旅モデルプラン

タイ航空の預け荷物情報

タイ・ラヨーンはどこにある?

バンコクから東に170km、車で2時間ほどの場所にラヨーンがあります。

人気急上昇のラヨーン、おすすめはダイブクルーズ!

日本からタイの首都・バンコクまで約6時間。
そこから車で約2時間の場所に位置するラヨーンは、近年、欧米人を中心に多くのダイバーが訪れ人気上昇中のエリアです。
風向きの影響でダイビングが出来るのは10〜4月末頃と期間限定。
ここではリゾートステイのデイトリップとクルーズトリップが選べますが、クルーズがオススメです。ラヨーンの沖、南東に約130㎞離れたチャン島を巡るクルーズは、2泊3日でも充分に楽しめます。

ジャニュアリープリセンス号は2019年10月に全面改装を完了し、設備に磨きをかけたクルーズ船。すべてのキャビンに大きなスーツケースが保管可能。金曜の夜に乗船して日曜の夕方に下船する2泊3日でラヨーン~チャン島を巡るプランと、ラヨーン~ラン島を巡る3 泊4日プランから選択。週末で楽しめるぜいたくな海は注目を集めています。

タイ最大級の沈船と魚群のコラボが迫力満点の海

クルーズでしか行けないポイント「HTMS CHANG WRECK」には、全長約100mのタイ最大級の沈船が眠っています。
タイ海軍から譲り受けた船を沈めて約8年、船の周りにはバラクーダやツバメウオ、キンセンフエダイなど魚群が渦を巻き、巨大な沈船と魚群のコラボレーションは圧巻。
クルーズならではの早朝ダイビングでは、この船の主とも思える2m近いタマカイが見られる確率がアップ。水底は30m近いためAOWレベル、船の内部はレックSPの保持者のみの案内となります。

クルーズでしか行けない「HTMS CHANG WRECK」

長さ100m の巨大な船の周りで魚群が渦を巻いていました

朝一番ではタマカイに会える確率がグッと上がります

観光も買い物も楽しめる

帰国日には、一面に生い茂るマングローブが見られる片道約800mの「マングローブ・ウォークウェイ」や、その近くの公園に飾られている退役軍艦『PRASAE』の見学がオススメです。
さらに、ローカルマーケットの散策などフライトの時間にあわせて最大限にラヨーンを満喫しましょう。

ラヨーンのダイビングのシーズナリー、費用、おすすめポイント

DIVENAVIスタッフからひとこと 「首都バンコクから2時間ですが、ダイビングも侮るなかれ!
視界を覆う群れや、タイで最大の沈船のスケールに心を奪われること間違いなし。ダイビング中は一切気を抜けません」
ダイビング情報 バラクーダやキンセンフエダイなどの群れ、オレンジリーフゴビーやカエルアンコウなどのマクロ生物、両方を楽しめる「アルハンブラロック」はぜひリクエストしたいポイントです
シーズンをチェック! ダイビングのシーズンは乾季を迎える10 ~ 4月末のみ
シーズン明けの10月2 週目~11月末は風が収まるため透明度も良く、特に魚影が濃い傾向にあります
料金の目安 11万円~

緑の瞳と顔の模様がキュートなオレンジリーフゴビー

カエルアンコウなど、マクロ生物も見られます

タイ航空で行くラヨーン4日間の旅モデルプラン

1日目 午前 日本→バンコク
午後 バンコク到着ダイビングセンターまで送迎
クルーズに乗船
2日目 午前-午後 3ダイブ
3日目 午前-午後 3ダイブ
夕方 帰港後、ホテルへ移動
4日目 午前 バンコク→日本
夕方 日本到着

タイ航空の預け荷物情報

重さ 30kg(個数制限なし)

 

Special Thanks:Kanako Yukinaga
Photos:Rayong Dive Center

AUTHOR

Amano

DIVER ONLINE 編集部

おすすめ記事RECOMMEND

  • PR

    恋する石垣島 ダイビングポイントガイド〈02〉〜敏…

  • PR

    【丑年】2021年はウミウシグッズに注目だ!#新商品…

  • PR

    【お知らせ】年末年始の営業時間・休業日について

  • PR

    幻想的な海のシーンにも注目。アニメ映画「ジョゼと虎と…

  • PR

    恋する石垣島 ダイビングポイントガイド〈01〉〜敏…

  • PR

    串本海中フォトコンテスト、今年も開催!

  • PR

    世界70カ国以上で上映された話題作。映画『プラスチッ…

  • PR

    気になるフィリピン・セブの海 人気ポイント7選

  • PR

    【人気沸騰】人気の理由は見た目だけじゃない?DIVE…

  • PR

    古見きゅうインプレッション~GARMIN新世代ダイコ…

  • PR

    恋する石垣島 ダイビングポイントガイド〈02〉〜敏…

  • 使い捨てから卒業!サスティナブルな生活グッズ「みつろ…

  • もうすぐクリスマス★あの人へのプレゼントはなにがいい…

  • PR

    恋する石垣島 ダイビングポイントガイド〈01〉〜敏…

  • DIVERオリジナルカレンダー2021、 話題の写真…

  • 2020年下半期もっとも売れた商品はコレだ!

  • 西内ひろさんが語るフィリピンの魅力

  • PR

    気になるフィリピン・セブの海 人気ポイント7選

  • 【終了】【ラッピング無料キャンペーン】勤労感謝の日に…

  • 【募集終了】「海と地球に優しい暮らし方」教室