Apple Watchがダイビングで使える?!9/23発売「Apple Watch Ultra」に注目集まる!

2022年9月7日、AppleがApple Watch史上もっとも屈強で多様な機能を備えた「Apple Watch Ultra」を発表しました。注目すべきは水深40メートルまでのレクリエーショナルスキューバダイビングにも対応すること!公開された情報をダイバー目線でまとめてみました。(写真引用=www.apple.com/newsroom/videos/black-n199-video/large_2x.mp4)

注目の機能

水中でも見やすい大きさ・明るさのディスプレイ

これまでのApple Watchと比べ2倍明るい最大2,000ニトのRetinaディスプレイ。そんなディスプレイを49mm・航空宇宙産業レベルのチタニウムケースと平らなサファイア前面クリスタルが守ります。ディスプレイの大きさ、明るさは水中での視認性を考えるうえで大事なポイントですね。

片方の手首にApple Watch Ultraを着け、絆創膏が貼られて岩に置かれた両手のクローズアップ。

引用=www.apple.com/newsroom/images/product/watch/standard/Apple-Watch-Ultra-lifestyle-adventure-220907_big.jpg.large.jpg

どのApple Watchと比べても最優のバッテリー

通常の使用時で最大36時間(*1)、新しい低電力設定(*2)は数日にわたる体験に理想的で、バッテリー駆動時間を最大60時間まで延ばすことができます。

*1 iPhoneが近くにある状態でのApple Watch Ultraの通常の使用時
*2 GPSや心拍数の測定頻度を減らす低電力設定は、今年の秋の後半に提供開始予定

3種の新しいバンド「オーシャンバンド」も!

3つの新しいバンドであるトレイルループ、アルパインループ、オーシャンバンドは、あらゆるアドベンチャーにおいてしっかりと快適にフィットする独自のデザインの特長を活かしています。

オーシャンバンド(写真右)は、過激なウォータースポーツやレクリエーショナルダイビングのためにデザインされていて、チタニウムのバックルとそれに対応するバネ入りのループを備えています。しなやかなフルオロエラストマーで成型されていて、伸縮性があり、しっかりと固定されるように管の形状を採用しています。オーシャンバンドは、ユーザーがウェットスーツの上からでも快適に着けられるように、長さ調節のためのオプション品も提供します。

グレイとイエローのトレイルループ、オレンジのアルパインループ、ブラックのオーシャンバンドの3つの異なるバンドをそろえた、後ろから見た3つのApple Watch Ultraデバイス。

引用=www.apple.com/newsroom/images/product/watch/standard/Apple-Watch-Ultra-bands-hero-220907_big.jpg.large.jpg

アプリを使えば水深40mにも対応!

水中での冒険を可能にするため、Apple Watch UltraはWR100の耐水性能を備えています。また、水深計などのダイビングアクセサリの技術標準規格として国際的に認められていて、世界中のレクリエーショナルダイバーから信頼されているEN13319に準拠(*3)。

*3 Apple Watch UltraにはISO規格22810にもとづく100メートルの耐水性能があります。Apple Watch Ultraは、水深40メートルまで(App Storeから入手できる互換性のあるサードパーティ製アプリケーションで)レクリエーショナルスキューバダイビングや高速ウォータースポーツで使用できます。Apple Watch Ultraは水深40メートルを超えるダイビングでは使用しないでください。耐水性能は永続的に維持されるものはなく、時間とともに性能が低下する可能性があります。詳しくはsupport.apple.com/ja-jp/HT205000をご覧ください。

直感的で見やすい設計の「水深」アプリケーション

「水深」アプリケーションでは、時刻、現在の水深、水温、水中の時間、最大水深が一目でわかるように表示されます。この「水深」アプリケーションは水中に入ると自動的に立ち上がる他たアクションボタンで起動することが可能です。

「水深」アプリケーションが表示されたApple Watch Ultra。

引用=/ww.apple.com/newsroom/images/product/watch/standard/Apple-Watch-Ultra-Yellow-Ocean-band-Depth-app-220907_inline.jpg.large.jpg

Huish Outdoorsとのパートナーシップから生まれたApp「Oceanic+」

今年の秋の後半にApp Storeで提供開始される「Oceanic+」はBühlmann減圧アルゴリズムを実行し、ダイブプラン、わかりやすいダイビング指標、視覚と触覚のアラーム、減圧不要限界、浮上速度、および安全停止ガイドなどの機能を備えています。

またOceanic+アプリケーションは、ダイビングをするための現在地のリアルタイムな海洋状況のレポートなど、パーソナライズされたユーザープロファイルを提供するとともに、家族や友だちと共有できて自動的にiPhoneと同期するログブックを備えています。

Oceanic+アプリケーションが表示されたApple Watch Ultra。

引用=www.apple.com/newsroom/images/product/watch/standard/Apple-Watch-Ultra-Midnight-Ocean-band-Oceanic-Plus-app-220907_inline.jpg.large.jpg

「Appleと協働し、世界的に知られている当社のスキューバ分野での専門性とApple Watch Ultraのユニークな性能を組み合わせることで、毎日着ける腕時計を革新的なダイブコンピュータに変えることに、ワクワクしています。Oceanic+によって、Apple Watch Ultraのユーザーはスキューバのアクティビティにおいて新しく充実した体験を楽しむことができます」とHuish OutdoorsのCEOであるMike Huish氏は述べています。

「ウェイファインダー」文字盤に潜水時のコンプリケーションが表示されたApple Watch Ultra。

引用=www.apple.com/newsroom/images/product/watch/standard/Apple-Watch-Ultra-White-Ocean-band-Wayfinder-face-220907_inline.jpg.large.jpg

発売時期

2022年9月7日より予約開始、9月23日より販売開始

価格

124,800円(税込)

欲しい!Apple Watch Ultra

日常生活でも気軽に付けられ、そのまま水中でダイビングコンピューター代わりに使える。今までApple Watchを愛用されていた方はもちろん、購入検討していた方も、この機会に欲しくなったのではないでしょうか。

今回はダイビング使いを中心に商品のポイントをまとめてみましたが、他にも気になる機能が満載。詳細は公式のプレスリリースよりご確認下さい。

https://www.apple.com/jp/newsroom/2022/09/introducing-apple-watch-ultra/

編集部の大注目のApple Watch Ultra。発売後にレビューも検討中。皆さまのご感想ももしよかったら聞かせてくださいね!

側面と上から見た、それぞれ異なるバンドを組み合わせた3つのApple Watch Ultraデバイス。

引用=www.apple.com/jp/newsroom/2022/09/introducing-apple-watch-ultra/

 

AUTHOR

Suga

DIVER ONLINE 編集部

おすすめ記事RECOMMEND

  • PR

    8月発売!革新機能と遊び心がハイブリッドに交わうPR…

  • PR

    再び"身近"な国へ! STW「フィリピンサマーキャン…

  • PR

    奄美大島「THE SCENE」で今が旬のホエールウォ…

  • PR

    ダイビングも日常も! コンパクトなダイビングコンピュ…

  • PR

    恋する石垣島 ダイビングポイントガイド〈06〉〜敏…

  • 【予約開始】DIVERオリジナルカレンダー2023 …

  • 【最新版】スタッフリアル愛用♡夏も冬も大活躍!DIV…

  • 2021年下半期もっとも売れた商品TOP10を発表!

  • あなたはいくつ持っていますか?海と地球にやさしい暮ら…