デジタルカメラOLYMPUS Tough TG-6発売

オリンパスより、水深15mの水中撮影も可能な「OLYMPUS Tough TG-6」が7月下旬に発売されます。ダイバー待望の新モデルはさらに充実した水中撮影モードと充実した水中アクセサリーにも注目です。さっそく新機能や価格などをチェックして、検討してみては。

  • 鼻緒がない「ホヌギョサン」が今アツい!

    ダイビングでも大活躍。1点物のマーブルカラーは売り切れ御免!

「OLYMPUS Tough TG-6」の特徴

ボディ各部にシーリングが施され、防水・防塵、耐衝撃、耐荷重、対低温、高い耐結露性など、高いタフネス性能が大きな特徴の「OLYMPUS Tough TG-6」。
水深15m、2.1mからの落下テストもクリア、最大100kgfの荷重にも耐えられる強靭さに加え、-10度の耐低温性を実現し、ダブルガラス構造で結露に強いため、寒冷地でも安心。

これらのタフネス性能や明るいF2.0 のレンズ、画像処理エンジン「TruePic Ⅷ」は「OLYMPUS Tough TG-5」(2017年6月発売)のう後継機として、今回も受け継がれている。

発売は2019年7月下旬、ボディカラーはレッドとブラックの2色展開。価格はカメラ本体はオープン価格で想定価格は53,000円(税抜)、ハウジング33,000円(税抜)です。

「OLYMPUS Tough TG-5」からの変更点

新しくなった「OLYMPUS Tough TG-6」の水中撮影の新機能と陸上の新機能を紹介します。さらに今回発売になる水中アクセサリー群も紹介するので、購入時の比較検討に参考にしてください。

水中撮影の新機能

▶水中でのホワイトバランス(WB)の設定が1種類から「水中 浅場」「水中 標準」「水中 ディープダイビング」の3種類が選択可能
よりイメージに近い写真を撮影しやすくなる

陸上撮影の新機能

▶撮影モードに「深度合成モード」の撮影枚数が増えた
手前から奥までピントが合うように、3~10枚で深度合成が行える(TG-5では8枚固定)
枚数が多いほど合成時間は長くなり、より広い範囲にピントが合う写真に

▶A/Pモードのままレンズ先端から1cmまで被写体に近寄れる
「OLYMPUS Tough TG-5」ではレンズ先端から被写体までの距離が10cmだったのが、1cmに
※Super Macro AF/MFに設定する必要あり

そのほかの新機能

▶ARコート採用でゴーストやフレアの発生を軽減

▶最大2倍のデジタルズームを搭載

▶3.0型液晶モニターの解像度が約46万ドットから今回は約104ドットになり視認性が向上

▶ISO AUTO時のシャッター速度の低速限界を設定できる「低速限界設定」(P、Aモードのみ)

▶日付写し込み機能が搭載

▶アートフィルターに2種類が追加

新発売の水中撮影用アクセサリー

▶新型フィッシュアイコンバータレンズFCON-T02

▶TG-6専用防水プロテクターPT-059

▶レンズを守るレンズバリアLB-T01

▶TG-6専用のシリコンジャケットCSCH-127

▶充電器UC-92

水中撮影仕様例

OLYMPUS TG-6アクセサリーラインナップ

AUTHOR

DIVER ONLINE 編集部

DIVER ONLINE 編集部

  • 鼻緒がない「ホヌギョサン」が今アツい!

    ダイビングでも大活躍。1点物のマーブルカラーは売り切れ御免!

おすすめ記事RECOMMEND

  • PR

    欲張り派も満足!セブ島人気3サイトを一気に潜る

  • PR

    ダイバーにおすすめしたい!『ホヌギョサン』を求めて東…

  • PR

    八木アリサ、ダイビングライセンスを取得!

  • PR

    大学生必見! ダイビング研修生 募集中のショップ情報

  • PR

    グラデーションに釘付け!ICE-WATCHの真夏のコ…

  • PR

    大学生必見! ダイビング研修生 募集中のショップ情報

  • 古見きゅう、GARMINのダイコン操作を直伝

  • 【開催報告】「マコ旅×CLUB DIVER」第1弾 …

  • 「CLUB DIVER」ツアー&イベントスケジュール…