バリ島西部でマニアックなダイビング三昧!

インドネシアのバリ島でのダイビングといえば、トランベン、アメッド、パダンパイが一般的。トランベンでは世界中のダイバーが憧れるレアなウミウシ、フリソデエビ、カエルアンコウやヨコシマエビ、トゲツノメエビに簡単に出会えちゃうけど、もっとマニアックな生物、ここでしか見れない生物との出逢いを求めてみませんか?バリの西部ムンジャンガンは超マニアックな生物の宝庫、珍しいもの探しに行ってみよう!

ムンジャンガンてどこにあるの?

ムンジャンガンはバリ島西部に位置し、国立公園があります。空港から結構遠くて、車で4時間かかる。
すごい田舎だけど、その分都会の喧騒から離れて大自然を思う存分満喫できる所。美しい青い空、青い海に癒されに行ってみてはいかが?

天気が良ければ、こんなキレイな青空が広がるムンジャンガン

ムンジャンガンまでの行き方は?

ムンジャンガンまでは空港から車で4時間、ダイビングショップがお迎えの手配をしてくれます。移動時間が長いので、途中で食料/飲み物を確保することをお奨めします。お奨めはクタにあるスーパーマーケット「パパイヤ」、バリ唯一の日本食スーパー。高級スーパーで、現地の食材や、お弁当が豊富、パン屋さんにお寿司もあっておいしいけど高いのが難点。ムンジャンガンに向かう際クタを抜けて行くので、ドライバーさんに頼んで寄ってもらえる。

スーパー「パパイヤ」日本食のお弁当やお惣菜の品揃えがスゴイ!

ブラット・ワンギの石鹸が「パパイヤ」で買える!

「パパイヤ」内にはなんとブラット・ワンギの石鹸が販売されています。知る人ぞ知るウブドのブラット・ワンギ、バリ産のナチュラル・ココナッツ・ソープで泡立ちが最高。ダイビングしかしない旅行でも、ウブドに行かずしてここで買えるのが嬉しい!空港では扱っていないので、ここで大人買いしてお土産にしてはいかがですか?パパイヤはサンセット・ロードからレギャン中心に抜けるパティ・ジュランティック通りにある。

良質のバリ産ココナッツオイルを使用

ムンジャンガンには日本人が経営している隠れ家的リゾートがある。

今回お世話になったリゾートはサリダイブ&コテージ。
大西サトミさんとインドネシア人のヘリが運営している、とてもアットホームなリゾート。お部屋は広くて清潔、ベッドはキングサイズのツイン、トイレとシャワーが別になっているので便利。そして嬉しいのが水中写真ダイバー用に、部屋の中にカメラをセッティングする用の台があります。余裕でカメラ2台分の機材が並べられます。

カメラがセッティング出来る台 。通常よりかなり明るいライトが設定されている

リゾート情報はサリダイブのホームページ をチェックしてみて下さい。オーナーのサトミさんが、「サリダイブ日記」というブログをされており頻繁に更新。

サリダイブ&リゾートのホームページ

リゾート内はこんな感じ

緑に囲まれた素敵なコテージ、6部屋ある

庭のお手入れが行き届いていて素敵、バリの自然の美しさに癒されます。

スタッフが心を込めて、毎日お手入れしている庭

リゾートの敷地内は緑に溢れている

サリダイブ名物160メートルの桟橋 とても絵になる

オーナーの大西サトミさんと共同経営者のヘリ

サリダイブ ゲスト接待要員1のラキ

サリダイブ 接待要員2のチャラちゃん

リゾート内にはスパも併設、ノンダイバーの方も楽しめる

ダイブセンターの2階がスパになっている。スパからの眺めが最高!

バリ音楽をバックミュージックに、ロッシちゃんの上手なアロママッサージを受けてダイビングの疲れを癒してみてはいかがでしょう?
私は滞在中に何度も受けたほど、マッサージが上手で超気持ち良かった!このリゾートは専属のテラピストを雇っているので、ダイビングに行かない日はマッサージを受けて時間を過ごす事も出来る。しかも超安い破格な値段で提供、1時間たったのRp.150,000(今のレートなら約1300円)是非お勧めします!

ダイニング、ここでお食事を頂きます

お食事はどんな感じ?

サリダイブのお食事は大変おいしゅうございました。朝食はお粥に卵料理、お昼はダイビングの合間にローカルのお弁当、夜はヘルシーな野菜料理がたくさんにお肉料理が加わります。そして朝夜には必ず旬のフルーツがデザートとして、美しく盛られて出てきます。

朝食のお粥、あっさりしていて癖になる味。時々思い出して無性に食べたくなる

朝食はお粥ではなくて、パンの希望も出来る 。パンはサリダイブ自家製で美味しい

リクエストすれば、フレッシュジュースも作ってくれる

フルーツの盛り方が美しくてテンション上がる

イカンゴレンというお魚の料理、タレにウコンが使われてる。揚げたお魚にこのタレが絶品!

ある日のお夕食

食後のデザート 今夜はマンゴスチン、ドラゴンフルーツにスイカ

さあダイビングに行こう!

ダイビングスポットはこれ、サリダイブ特製。ダイニングに飾ってあります

早朝にハウスリーフでセルフダイビングが可能、日中に3本潜りたければ、朝10時にボートで出航。近場だと10分―15分のダイビングスポットに向かう。ムンジャンガン国立公園で潜るのなら、ボートで30分くらい。国立公園は使用料がかかるので、追加料金がかかるけど絶対行く価値あり。ピクチャードラゴネット狙いなら、車で40分弱かかるシークレットベイに行きます。

ここでのダイビングスタイルは?

出航30分前にダイニングでブリーフィング、お目当ての生物の説明を受ける。サリダイブ名物160メートルの桟橋をわくわくしながらボートへ向かう。この桟橋の往復はいい運動になる。

ダイビング器材、カメラはスタッフがすでに運んでくれている

黄色がかわいいサリダイブボート

いざ出発、たくさんのスタッフが笑顔で見送ってくれる

ガイドはヘリとコマンの2人。

サリダイブのボートは大きくて、スペースも十分あり快適。しっかりと屋根がついているけど、日焼け対策は忘れないようにね。バリの日差しはハンパなく強い、日中は海からの照り返しですぐ焼けちゃう。

この日はムンジャンガン国立公園なので、サトミさんもシュノーケルで参加

ガイド修行中の見習い君が後部についてくれるので、写真に夢中になり過ぎてガイドを見失うなんてことにはならない。でもちゃんと時間配分は考えて行動しましょうね。

海の向こうにはジャワ島が見える

ムンジャンガン国立公園

ムンジャンガンは鹿という意味、国立公園内には野生の鹿が多数生息

1本目が終わると昼食、インドネシア料理のお弁当を頂きます。メニューはナシチャンプル(辛いのが好きな人にお奨め)ナシゴレン(焼き飯)、ミーゴレン(やきそば)。どれが食べたいか前日までにリクエスト出来ます。

ナシチャンプル 揚げたお魚にフライドチキンと色々な惣菜入り

ナシゴレン フライドチキン付き

ミーゴレン 私のお気に入りはこれ

水面休息を1時間以上取って2本目、上がったらボートの上でおやつを頂いて3本目。ナイトダイブも希望の場合は、早めの夕食を18時半に取ってから出航。

ムンジャンガン公園の桟橋にて水面休息中

3本目のダイビングが終了したら、リゾートに帰還

潜り足りない気持ちを抑えて海を眺める

桟橋でたくさんのスタッフがゲストの帰りを待っていてくれる

本日のダイビングが終了すれば…

夕暮れを眺めながら

ビンタンビールで乾杯!

次回はムンジャンガンのダイビング水中編をお送り致します!

ムンジャンガン旅編はいかがでしたか?最後まで読んで頂き、ありがとうございます。次回のバリ西部ムンジャンガン第2弾は、水中編です。
次回も是非読んで下さい!
お楽しみに〜。

Written by

Squirri007_diving
海が大好き、ダイビングが大好き、水中写真が大好きでどうやって素敵な写真が撮れるか修行中。ロンドンから世界のダイビングスポットに旅行してます。

AUTHOR

Takeuchi

DIVER ONLINE 編集部

おすすめ記事RECOMMEND

  • PR

    恋する石垣島 ダイビングポイントガイド〈02〉〜敏…

  • PR

    【丑年】2021年はウミウシグッズに注目だ!#新商品…

  • PR

    【お知らせ】年末年始の営業時間・休業日について

  • PR

    幻想的な海のシーンにも注目。アニメ映画「ジョゼと虎と…

  • PR

    恋する石垣島 ダイビングポイントガイド〈01〉〜敏…

  • PR

    串本海中フォトコンテスト、今年も開催!

  • PR

    世界70カ国以上で上映された話題作。映画『プラスチッ…

  • PR

    気になるフィリピン・セブの海 人気ポイント7選

  • PR

    【人気沸騰】人気の理由は見た目だけじゃない?DIVE…

  • PR

    古見きゅうインプレッション~GARMIN新世代ダイコ…

  • PR

    恋する石垣島 ダイビングポイントガイド〈02〉〜敏…

  • 使い捨てから卒業!サスティナブルな生活グッズ「みつろ…

  • もうすぐクリスマス★あの人へのプレゼントはなにがいい…

  • PR

    恋する石垣島 ダイビングポイントガイド〈01〉〜敏…

  • DIVERオリジナルカレンダー2021、 話題の写真…

  • 2020年下半期もっとも売れた商品はコレだ!

  • 西内ひろさんが語るフィリピンの魅力

  • PR

    気になるフィリピン・セブの海 人気ポイント7選

  • 【終了】【ラッピング無料キャンペーン】勤労感謝の日に…

  • 【募集終了】「海と地球に優しい暮らし方」教室