沖縄 チービシ・慶良間(ケラマ)諸島のダイビング見どころ

慶良間諸島の魅力は、世界でもトップクラスの透明度! 「ケラマブルー」として親しまれている青く透き通った海はボートの上からでも地形が分かるほど。南国の力強い日差しは水中にも降り注ぎ、地形やサンゴ礁を明るく照らしています。カラフルな生き物や大物回遊魚、サンゴの群生、地形と楽しみ方は人それぞれ。あらゆる人のニーズを余すことなく叶えてくれる沖縄チービシ・慶良間諸島を紹介します

INDEX

チービシ諸島
近くてディープなダイビングスポット
渡嘉敷島(とかしきじま)
何度も通ってしまう魅惑のアイランド
座間味島(ざまみじま)
ウミガメや海のアイドルが豊富な座間味島
阿嘉島・慶留間島(あかじま・げるまじま)
透明度は20m以上!あらゆるニーズが叶う海

その他沖縄エリアのダイビングサイトは
沖縄本島のダイビング見どころ
沖縄離島(石垣島・宮古島など)のダイビング見どころ

チービシ諸島

沖縄県島尻郡渡嘉敷村

近くてディープなダイビングスポット

チービシ諸島は那覇からボートで30分ほど、那覇市の西約10kmの沖合いにある大小3つの島です。ルカン礁はその南に浮かぶ卓礁で、どちらも白砂の美しい無人島。台風で形が変わってしまうほどの小さな島で、ここで唯一見られる人工的な物は、ルカン礁にある灯台だけ。ダイビングをはじめとしたマリンアクティビティは半日便での開催も多く、空港到着後のダイビングや観光したい人にもオススメです。本島から日帰りで気軽に行けるエリアですが、砂地やサンゴが広がる穏やかなポイントから地形が楽しめるポイント、またドリフトダイビングまで慶良間に劣らぬ魅力が詰まっています

ラビリンス(神山島)

レベル 初級者〜上級者
エントリー ボート
水深 ~20m
特徴 砂地に根が点在し、それぞれにトンネルやアーチがあります。ドームにはアカマツカサやセグロマツカサがのんびり泳ぎ、アカククリなども見られます。ウミウシやレア物の発見も多いので、地形派だけでなくマクロ派ダイバーにもオススメ。午前中に那覇に到着したときによく使われるポイントでもあります

シュガーヒル

レベル 中級者〜上級者
エントリー ボート
水深 ~20m
特徴 粉砂糖のような砂が一面に広がった砂地のポイント。水深10mから沖に向かってゆっくりと落ち込んでいくその地形は、スキー場のゲレンデのようにも見えておもしろい。テンスの幼魚やヤッコエイ、春〜夏にはコブシメも見られます

渡嘉敷島(とかしきじま)

沖縄県島尻郡渡嘉敷村

何度も通ってしまう魅惑の海

渡嘉敷島は慶良間諸島の中でいちばん大きな有人島。島へは、那覇市の泊港から高速船で約35分、フェリーで70分ほど。本島のショップからボートも出航しています。ポイントはどこもバリエーション豊かで、1ダイブではまわり切れないほど魅力がいっぱい。太陽の光が差し込む光景が美しい「ツインタワー」、広いサンゴ礁の上にスズメダイが群れる「野崎」、大物ポイントの「運瀬」やダイナミックなイソバナが広がる「自津留」などポイントの数も多いので、何度行ってもちがった景色が楽しめます。また、阿波連ビーチ、とかしくビーチという美しいビーチが有名で、シーカヤックや無人島ツアーなど、さまざまな島の楽しみ方があります

千代頭(チヨチブル)

レベル 初級者
エントリー ボート
水深 7~15m
特徴 根と根の間は水路のよう。浅瀬のゴロタではキンチャクガニやウミウシなどマクロ生物も多数見られます

灯台下

レベル 初級者
エントリー ボート
水深 10~18m
特徴 洞窟ポイントで洞窟内は光が射すと最高にきれい! リュウキュウハタンポ、アオギハゼ、オランウータンクラブ(カニ)などが見られます

野崎

レベル 中級者〜上級者
エントリー ボート
水深 20~25m
特徴 浅瀬はサンゴが楽しめて、深場は砂地が広がり生物も多様。ハナゴイ、デバスメダイなどがサンゴの上で群れる景色はとてもきれいで、まさしく”慶良間”な人気ポイント。潮流によりドリフトで入る場合もあります

アリガー南

レベル 初級者
エントリー ボート
水深 10~20m
特徴 島側は浅く、沖は深くと単純な地形となっています。タイマイ・アオウミガメ遭遇率の高いカメポイントとして知られています。セジロクマノミ、カクレクマノミ、グルクンの群れなどが見られます

海人

レベル 初級者
エントリー ボート
水深 14~25m
特徴 白い砂地に漁礁がたくさん沈んでいます。魚影が濃く、渡嘉敷島の代表的なポイント。トウアカクマノミ、ケラマハナダイ、ハナミノカサゴ、ナンヨウハギなどに小さな生き物に出会えます

ハナレビーチ前

レベル 初級者
エントリー ボート
水深 ~6m
特徴 メインは大きな根2つのみで、近い!浅い!面白い! 白い砂地が最高にキレイな癒し系の人気ポイントです。スカシテンジクダイ、キンメモドキ、デバスズメダイ、ヨスジフエダイの群れなどが見られます

運瀬

レベル 上級者
エントリー ボート
水深 5~30m
特徴 ケラマを代表する大物ポイントの1つ。魚影が濃く、流れがかなり強いことが多いので、イソマグロやマダラトビエイなど大物との遭遇も期待できます

サンドトライアングル

レベル 講習〜中級者
エントリー ボート
水深 5~20m
特徴 流れはほとんどなく、講習もやりやすい穏やかなポイントです。タイマイとアオウミガメが多く生息しており、スノーケルで見かけることもしばしば。こちらも高確率でカメに遭遇できます

自津留

レベル 講習〜中級者
エントリー ボート
水深 5~20m
特徴 比較的穏やかなポイント。浅い場所もあるので、講習や体験ダイビングもゆっくり行える。珊瑚の群生が広がっており、アオウミガメとの遭遇もしばしば。イソバナが広がる一帯にはキンギョハナダイがつき、とても鮮やかです

黒島北ツインロック

レベル 講習〜上級者
エントリー ボート
水深 5~40m
特徴 穏やかな内湾から、刺激的な外洋まで幅広く楽しめます。そのため講習でも、外洋好きなドリフトダイバーでもどちらにも人気。流れがある場合が多いですが、年間通して魚影が濃い。キンギョハナダイ・ハナゴイの乱舞は定番で他にもイソマグロ、ネムリブカが見られることも多いです。40m付近まで落ちるダイナミックなドロップオフも見どころです!

座間味島(ざまみじま)

沖縄県島尻郡座間味村

ウミガメなど海のアイドルが豊富な座間味島

座間味島は那覇から高速船で40分。渡嘉敷島とともにアクセスの良さ、群を抜く海の美しさからダイバーに絶大な人気を誇っています。冬場でも比較的落ち着いている唐馬湾はマクロの宝庫。カエルアンコウやハゼ、クマノミなどかわいらしい海のアイドルが迎えてくれます。また通年を通してアオウミガメとタイマイを見られることが多く、息継ぎのタイミングによってはスノーケル中にも出会えます。天候、潮回り、好みの地形、マクロ、ワイド、ステイ、ドリフト、経験などに合わせて潜ることができ、季節や時間帯によってさまざまな表情を見せてくれる海なので、事前にリクエストしてみよう。1〜3月には、ザトウクジラの回遊も見られます

男岩(ウガン)

レベル 上級者
エントリー ボート
水深 20~25m
特徴 ダイナミックな地形が見られるポイント。基本的にはドリフトダイビングでハナヒゲウツボ、カスミチョウチョウウオの群れ、ナンヨウハギ、イソマグロなどが見られます

トウマNO.2

レベル 講習〜上級者
エントリー ボート
水深 5~20m
特徴 内湾で周りを島囲まれとにかく穏やか。北風に強く、冬場最も頼るポイントの1つ。水中はカクレクマノミやチンアナゴ、デバスズメダイなどの定番から、ピグミーシードラゴンやカエルアンコウ、幼魚とマクロ派に人気の生物が豊富です

トウマ

レベル 初級者〜上級者
エントリー ボート
水深 10~20m
特徴 映画の飛行機セットが沈められた「ドラゴンレディ」の沖にある真っ白な砂地のポイント。ガーデンイールやヤシャハゼ、ウミテングなど、アイドル的な生き物たちが揃っています。穏やかな海況で、のんびりと潜りたいときにもぴったり

ニタの洞窟

レベル 初級者〜上級者
エントリー ボート
水深 10~20m
特徴 慶良間を代表する地形ポイントの1つ。ケーブが迷路のように入り組んでいてアドベンチャー気分が味わえます。晴れた日は天井から差し込む太陽の光が幻想的で美しい! 大きく外窓が開いているので、ほのかに明るく初心者でも安心して潜れます

ガヒ前

レベル 初級者〜上級者
エントリー ボート
水深 10~16m
特徴 白い砂地に根があり、ヤシャハゼやヒレナガネジリンボウのコロニーをゆっくり観察することができます。最大水深16mのポイントなので初心者からカメラ派までオススメ。また、ベラやリュウグウベラギンポなどが砂地の上を舞っている景色も見られます

アダン下

レベル 初級者〜上級者
エントリー ボート
水深 3~20m
特徴 水深3〜20mの間に、いくつかの根が点在しています。根に群れる多様な生き物たちが見物で、ケラマハナダイやキンギョハナダイ、ミナミハコフグの幼魚やハダカハオコゼなどカラフルなアイドルたちを探すことができます。カメラ派にもオススメのポイントです

ブツブツサンゴ

レベル 初級者〜上級者
エントリー ボート
水深 3~20m
特徴 「ブツブツサンゴ」と呼ばれる大仏の頭のようなサンゴ(コモンシコロサンゴ)の群生があり、その周囲にはスズメダイやハナゴイなど色とりどりの魚がたくさん群れています。リーフの上にはテーブルサンゴやカラフルなイソバナの群生もあり、魚影の濃さとサンゴが見どころのポイント。ただ浮いているだけでも癒されます

ウフタマ

レベル 中級者〜上級者
エントリー ボート
水深 5~10m
特徴 砂地に根が点在している場所もあれば、サンゴが群生している場所もあり、環境豊かで魚影が濃い! カメやマダラトビエイなどに遭遇したり、カエルアンコウやセミホウボウなどの珍しい魚や甲殻類も多くみられます

古座間味

レベル 初級者〜上級者
エントリー ビーチ
水深 3~10m
特徴 浅い砂地の海底に根が点在する、スノーケリングや体験ダイビング、講習でも楽しめるビーチポイントです。クマノミやスズメダイの仲間をはじめ魚が多く、慶良間らしい海中が楽しめます。のんびり潜るにはうってつけ!

座間味灯台下

レベル 初級者〜上級者
エントリー ボート
水深 ~22m
特徴 大きなクレバスがあり、水深22mからだんだん浅くなっていく地形が楽しめます。夏になるとキンメモドキが一面を覆い、それを中型魚が捕食する様子は圧巻です。壁のイソバナにはヤマブキスズメダイやハナゴンベ、砂地ではヒレナガネジリンボウやヤシャハゼも見られます

安室牛瀬

レベル 初級者〜上級者
エントリー ボート
水深 10~16m
特徴 安室島の東側にある2つの岩の周囲を潜ります。テーブルサンゴの群生が見られる他、アーチや洞窟など、変化に富んだ地形が楽しめポイントです。洞窟やアーチの中には、ミノカサゴなどが群れており、マクロ生物の観察もおもしろいです

安室魚礁

レベル 初級者〜上級者
エントリー ボート
水深 ~15m
特徴 人工漁礁には、ツバメウオやヨスジフエダイなどがいて、潜ると人懐こいチョウチョウウオたちにあっという間に囲まれます。カスミアジやロウニンアジが回ってくることも。周辺のサンゴのすきまにはニシキテグリなどが潜んでいるので、探してみよう

宇輪の崎

レベル 初級者〜上級者
エントリー ボート
水深 15~22m
特徴 浅場のサンゴが美しく、初夏には幼魚が沢山でかわいい! ユビエダハマサンゴが群生している方へ行くと、ハナゴイやスズメダイなど魚の種類・数ともに多いポイント。サンゴの上を泳いでるだけで、楽しめるます。逆の方向へ向かっても楽しめるのがここの良さで、ケラマハナダイたちの群れが美しい!ハゼや甲殻類もかわいい! カメとの遭遇率も高めでゆったり楽しめます

阿真ビーチ沖

レベル 初級者〜上級者
エントリー ボート
水深 15~20m
特徴 ユビエダハマサンゴに乱舞するデバスズメダイの群れには感激! 沖へ向かっていくと砂地が広がっており、砂質も良い。砂地をよく探しているとかわいいマクロたちに出会えるかも。ハゼ種類・数も豊富でハゼ好きのかたにも人気が高いポイントです

平瀬

レベル 中級者〜上級者
エントリー ボート
水深 0~35m
特徴 浅場はオヤビッチャやカスミチョウチョウウオが群れており、ハードコーラルやソフトコーラルの群生が広がっています。その浅場でも充分ですが、沖へ出るとかなりの急傾斜な地形で、水深を下げていくと珍しいヤッコの群れやハナダイの群れ、深場を好むハゼも見られます。潮の流れが強く、風や波の影響を受けやすいので、基本的には潮止まりで入りますが、それでもダイビング技術が必要なポイントです

夫婦岩(メオトイワ)

レベル 中級者〜上級者
エントリー ボート
水深 5~15m
特徴 全般的に浅く、流れが出やすいポイントです。その分イソバナが多く、その周りをキンギョハナダイが彩る姿は鮮やか。このポイントでは人気のハナヒゲウツボが定番で頻繁に見られます。ドリフトダイビングが基本なので、中級者以上が望ましいです

阿嘉島・慶留間島(あかじま・げるまじま)

沖縄県島尻郡座間味村阿嘉

阿嘉島・慶留間島

透明度は20m以上!あらゆるニーズが叶う海

慶良間諸島の中で、もっとも西に位置する有人島の阿嘉島。阿嘉島はすぐ南に連なり浮かぶ慶留間島、外地島と橋でむすばれており、3島は車での行き来ができます。 阿嘉島のビーチは美しさで定評があり、とくに「ニシ浜」が有名。白砂のビーチが1kmほど続き、浅瀬のサンゴ礁では色とりどりの熱帯魚トロピカルフィッシュが舞う。浅瀬はスノーケリングでもじゅうぶんに楽しめますが、沖合はボートダイビングのポイントしても有名です。 阿嘉島をベースに潜るダイビングは、サンゴ、地形、洞窟、砂地、ドリフト、マクロ、ワイドなど、バリエーションに富んでおり、生物数も多いので、あらゆるダイバーの希望に応えてくれるはず。透明度は基本的に20m以上! 各ポイントまでの移動時間が短いので、船酔いの心配も少ないのもがうれしい

下曽根

レベル 上級者
エントリー ボート
水深 5~40m
特徴 ケラマを代表する大物ポイントの1つ。流れが強いときが多く、エントリーからエキジットまでスムーズに行えるスキルが必要です。グルクンの大群、イソ マグロ、時折マンタや極稀にジンベエザメの出現もあります。水底40m以深からそびえ立つ隠れ根は外洋好きなダイバーにはたまらないロケーションです

久場北

レベル 初級者〜上級者
エントリー ボート
水深 ~20m
特徴 大小さまざまなトンネルに潜っていくと、光のシャワーに包まれた神秘的な世界にいざなわれます。トンネルの内側から外を見るとブルーの世界が美しく、思わず息をのんでしまうほど。リュウキュウキッカサンゴの群生も見事!

ナカチンシ

レベル 初級者〜上級者
エントリー ボート
水深 0~15m
特徴 潮通しがよく透明度の高さ、ダイナミックな根にイソバナの群生やきれいなサンゴ礁など、変化に富んだ海中景観が魅力的。溝のような水路が何本も走っており、地形も複雑です。冬から初夏にかけてはコブシメの産卵も見られます

ニシバマ

レベル 初級者〜上級者
エントリー ボート
水深 8~25m
特徴 慶良間でもっとも人気の高いポイント。水深25mの白い砂地の根には2匹のアザハタが住み着いており、「アザハタの根」として有名です。根にはスカシテンジクダイやキンメモドキ、ケラマハナダイなどが群がり、春ごろからは幼魚も増え始め竜宮城のよう。珍しいエビの共生なども見逃せない!

サクバルの鼻

レベル 初級者〜上級者
エントリー ボート
水深 5~20m
特徴 ソフトコーラルとクレバスの地形ポイント。イソバナやウミウチワが華やかで、とくに黄色いウミウチワが見事。カスミチョウチョウウオの群れなど魚影も濃く、ときおりイソマグロが回ってきたり、ネムリブカやカメを発見することも

儀名

レベル 初級者〜上級者
エントリー ボート
水深 ~15m
特徴 ウミガメとの遭遇率の高さは抜群。寝ているカメや泳いでいるカメ、食事中のカメなど、その姿を見るたびにワクワクしてくるはず! 美しいサンゴ礁には魚たちもたくさん群れているので、にぎやかな海中を満喫できます

佐久原隠れ根

レベル 初級者〜上級者
エントリー ボート
水深 18~30m
特徴 近場で、このダイナミックさ! 根のトップは10mで下まで行くと30mオーバー。隠れ根の周りには、ヨスジフエダイやグルクン、スズメダイ系の群れが見事!とにかく、生物が豊富です。もちろん浅場にも生物が多く、ガイドスタッフにも人気のポイント

久場東

レベル 中級者〜上級者
エントリー ボート
水深 5~20m
特徴 ケラマの中でもサンゴが最も群生しているポイントの1つで、浅い棚にはいろいろな種類のサンゴが一面に群生しています。流れがあることが多く、ドリフトスタイルが望ましい。浅場にサンゴが多いので、講習や初級者には向きません

AUTHOR

DIVER ONLINE 編集部

DIVER ONLINE 編集部

おすすめ記事RECOMMEND

  • PR

    八木アリサ、ダイビングライセンスを取得!

  • PR

    大学生必見! ダイビング研修生 募集中のショップ情報

  • PR

    グラデーションに釘付け!ICE-WATCHの真夏のコ…

  • PR

    超特急 タカシも癒された 美食と生き物のパラダイス、…

  • PR

    沖縄でインストラクターになる!【最終回】~卒業、そし…

  • PR

    沖縄でインストラクターになる!【5】~いよいよプロと…

  • PR

    沖縄でインストラクターになる!【4】~超・現場主義の…

  • PR

    沖縄でインストラクターになる!【3】~超・現場主義の…

  • PR

    〈ブルーアース21都立大〉「ロハススタジオ」で大…

  • PR

    NEWスタンダードマスクの最有力候補は、今夏新発売の…

  • PR

    大学生必見! ダイビング研修生 募集中のショップ情報

  • 古見きゅう、GARMINのダイコン操作を直伝

  • 【開催報告】「マコ旅×CLUB DIVER」第1弾 …

  • 「CLUB DIVER」ツアー&イベントスケジュール…

  • 6/9(日)平沢で、GARMINモニター会開催。事前…