沖縄本島のダイビング見どころ

本島南部の糸満から、北部の辺戸岬まで、本島だけでもたくさんのダイビングスポットがあります。アオサンゴの群生やリュウキュウキッカサンゴが楽しめる宜野座、ウミウシ好きにはたまらない金武湾、マクロ生物が豊富な砂辺、ジンベエザメとダイビングができる読谷、「青の洞窟」がある真栄田岬、地形・サンゴ・大物・マクロと贅沢に楽しめる万座。また、瀬底島や水納島、伊江島が浮かぶ本部、沖縄最北端の辺戸岬がある沖縄北部。美しいサンゴ、息を飲むほど神秘的なブルーの世界、かわいい南国の魚たちが待つ沖縄本島のポイントを紹介します

INDEX

宜野座(ぎのざ)
マクロもサンゴも! 初心者でも楽しめる海
金武湾(きんわん)
マニアックな地形と生き物を楽しむ沖縄の湾
砂辺(すなべ)
都市型リゾートの雰囲気漂うダイビングエリア
読谷(よみたん)
ジンベエザメとダイビング
真栄田岬(まえだみさき)
絶大な人気を誇る「青の洞窟」
万座(まんざ)
リピーター続出!ドロップオフからマクロまで
本部(もとぶ)
癒し~ダイナミックまでさまざまな海が待つ
沖縄北部(おきなわほくぶ)
大自然の迫力を全身で感じられる海

その他の沖縄エリアのダイビングサイトは
沖縄 チービシ・慶良間(ケラマ)諸島のダイビング見どころ
沖縄離島(石垣島・宮古島など)のダイビング見どころ

宜野座(ぎのざ)

沖縄県国頭郡宜野座村

マクロもサンゴも! 初心者でも楽しめる海

昔ながらの文化・風習が今でも生き残り、沖縄らしい魅力にあふれた宜野座村。沖縄本島の辺戸岬と喜屋武岬のほぼ中間に位置します。 宜野座は透明度がいい時は25mにもなるほどで、初心者でも楽しめる海! 生き物は、マクロが豊富で甲殻類やハゼ、クマノミ6種類やカメも見られます。水深は20m前後で指枝サンゴやアオサンゴなどハード系のサンゴが緩やかなタナになっています。 高速インターが近くにあり、南部・中部・北部から気軽にアクセスできるのもうれしいところです

金武湾(きんわん)

沖縄県国頭郡金武町

マニアックな地形と生き物を楽しむ沖縄の湾

沖縄本島の中央部・東海岸に面した金武湾は、本島屈指の湾。その沖には無数の浅瀬が連なっていて、地形的にも独特で特異な生態系が展開されており、珍しい生き物が見つかることもしばしば。浅瀬に囲まれた穏やかな湾は、古くから天然の良港として利用されており、たくさんのビーチが整備され、海水浴を楽しむ人も多くいます。一方、石油、火力、石炭といった本島のエネルギー基地としても有名です。 金武湾周辺5km圏内には、与勝半島と金武湾に浮かぶ平安座島を結ぶ海中道路や、世界遺産の勝連城跡、道の駅や鍾乳石のある洞窟おいしいタコスの有名なお店など、観光スポットも多く、アフターダイブには困らないでしょう。 海中は、豪快なドロップオフが楽しめる地形ダイビングや、最近人気のマッド(泥)ダイビング、マクロのウミウシダイビングなどさまざまなスタイルを楽しめます。まだまだポイントは開拓中で、未知の世界がたくさん広がっていそうなダイビングスポットです!

金武インター前

レベル 初級者〜上級者
エントリー ボート
水深
特徴 オニヒトデや白化に強いユビエダハマサンゴの群生が広がっています。 ポイントの見所は、春先のコブシメやアオリイカの産卵でしょう。大型のイカを間近に観察できます

カナグ

レベル 初級者〜上級者
エントリー ボート
水深
特徴 パラオハマサンゴの群生が広がっています

金武岬

レベル 初級〜上級者
エントリー ボート
水深
特徴 豪快なドロップオフが続いています。水深5m~35m以上で、うねりが少しでもあるとダイビングは無理です。 壁にそって降りていくと、運が良ければ小型のツマグロやネムリブカに出会えるかもしれません

砂辺(すなべ)

沖縄県中頭郡北谷町

都市型リゾートの雰囲気漂うダイビングエリア

那覇から北へ車で約40分に位置する北谷町のポイントが「砂辺」。嘉手納飛行場などの米軍施設が町面積の約半分を占めている関係で、町内には西海岸をイメージした大型複合施設の美浜アメリカンビレッジがあり、ショッピング、グルメだけでなく映画、ボーリングなども楽しめます。 ダイビングはビーチエントリーが盛んで、ポイントとしては、階段状の地形が続く「遺跡ポイント」、サンゴが花畑のように広がる「砂辺No.1」、エントリーしやすく初心者や講習、体験ポイントとして最適な「砂辺カリフォルニアサイド」がある。クマノミやジョーフィッシュ、モンツキカエルウオなどのマクロ生物が豊富に生息している

砂辺カルフォルニアサイド

レベル 初級者〜上級者
エントリー ビーチ、ボート
水深 ~30m
特徴 ビーチからエントリーがしやすいので、体験や講習ポイントとしてピッタリ。ソフトコーラルの群生が色彩豊かでとても美しく、周りにはヤマブキスズメダイやロクセンスズメダイが群れています。レアなエビやカニの仲間や珍種に出会える確率も高く、初心者だけでなくマクロ派やカメラ派ダイバーにもオススメです

イナンビシ

レベル 初級者〜上級者
エントリー ボート
水深 5~23m
特徴 水深は5~23mと浅めなので、初心者から楽しむことができます。トウアカクマノミを除く5種類のクマノミを観察できるほか、ハナヒゲウツボやリュウキュウハタンポ、砂地のハゼ、甲殻類などマクロが充実しています

水釜

レベル 初級者〜上級者
エントリー ビーチ、ボート
水深 ~20m
特徴 広い砂地に大きな根が点在して、砂地ではエイなどが見られ、水深20m付近にはトウアカクマノミも観察できます。アメリカ人ダイバーも多く、リーフの中は絶好のスキンダイビングスポット

砂辺NO.1

レベル 講習〜上級者
エントリー ビーチ、ボート
水深 4~20m
特徴 お花畑のように広がるソフトコーラルやクマノミの仲間が4種類見られたりと、初心者にもやさしいポイント。マクロ派にもたまらないポイントでもあります。冬から春にかけては、グルクマの大群が押し寄せてきます

読谷(よみたん)

沖縄県中頭郡読谷村

ジンベエザメとダイビング

沖縄本島中部の西海岸に位置する読谷村。断崖絶壁の景勝地として有名な観光スポット「残波岬」はダイビングポイントとしても有名です。海中は流れが強く、迫力あるドロップオフが待ち受けています。また、港から沖へ800mのところにあるジンベエザメのいる生け簀で一緒にダイビングやスノーケリングができるポイントも。読谷村周辺でのダイビングはポイントが近いため1本ごとに港に戻るスタイルです

こうり残波

レベル 初級者〜上級者
エントリー ボート
水深 〜45m
特徴 ドロップオフやクレバスがある地形ポイント。水深5mからいっきに40mまで深くなっていて、ダイナミックな地形が楽しめます。最大水深は40〜50mですが、平均水深は12mなので、ボートのアンカーを打つ位置や潜り方によって、初心者から上級者までレベルに合わせて楽しむことができます

残波岬

レベル 初級者〜上級者
エントリー ボート
水深
特徴 洞窟やトンネルだらけのダイナミックな地形が見どころです。アーチやクレバス、40mも落ち込むドロップオフなど変化に富んでいるので飽きることがありません。ネムリブカやロウニンアジと遭遇する確率も高いポイントです

真栄田岬(まえだみさき)

沖縄県国頭郡恩納村

絶大な人気を誇る「青の洞窟」

沖縄本島の西海岸中部の恩納村に位置し、サンゴ礁の台地である琉球石灰岩が隆起して出来た険しい海岸からは、東シナ海を一望できる絶景ポイントとして有名です。岬の先端には丸い岩がそびえ立ち、眼下に広がる海は透明度が高く、ダイビングをはじめ、スノーケリングや体験ダイビング、シーカヤックなど、数々のマリンアクティビティを楽しむことができます。神秘の世界「青の洞窟」は、想像を超えた海の色を体感できるパワースポットとして知られています。洞窟「クマガーガマ」の中へ入り、振り返ると体を包む海水がアクアブルーに輝き、周りの岩肌に反射して“青く輝く神秘の世界”を創り上げています。 ビギナーも楽しめる海と、設備の整った施設、神秘の洞窟、真栄田岬は多くの人を惹きつけてやまない魅惑のダイビングポイントです

真栄田岬

レベル 初級者〜上級者
エントリー ボート
水深 5~26m
特徴 人気のホムラハゼやヤシャハゼ、ヒレナガネジリンボウなどのマクロから、「青の洞窟」などのワイドな地形まで、すべてを網羅する本島屈指の有名ポイントです。ツバメウオの編隊をはじめ、沖縄らしいトロピカルな魚も多く、スズメダイ、ハゼ、ベラ、甲殻類などレベルに合わせてフィッシュウォッチィングが楽しめます。トイレや更衣室などの設備も充実しているのも◎

山田

レベル 初級者〜上級者
エントリー ボート
水深 ~25m
特徴 水底が砂地で、ビギナーでもゆっくりと潜れます。透明度は春先がいちばん良く、この時期にはコブシメの産卵がよく見られています。日本に生息するクマノミ6種類がすべて見られるのも魅力! じっくり観察するとさまざまな生物を確認できます

万座(まんざ)

沖縄県国頭郡恩納村

恩納

リピーター続出!ドロップオフからマクロまで

沖縄本島中部、西海岸に位置する恩納村は那覇から車で約1時間。海岸沿いに大型ホテルが並ぶ沖縄本島有数のリゾート地で、サンゴ礁の広がる美しいビーチが魅力の恩納村。村内には観光テーマパークの琉球村や琉球ガラスの沖縄工芸村などがあります。ダイビングポイントとしては、洞窟やトンネルがある「残波岬」、「万座ドリームホール」「瀬良垣アウトリーフ」などが地形派ポイントが数多く点在しています。レア種、人気種の生き物も多く、地形派、写真派ダイバーどちらにも満足できるエリアとなっています

恩納ポイント

レベル 初級者〜上級者
エントリー ボート
水深 10~25m
特徴 数々の根が張り出し、巨大な水中迷路となっています。いくつもあるクレパスに差し込む光のカーテンが美しいポイントです

ホーシュー

レベル 中級者〜上級者
エントリー ボート
水深 18~35m
特徴 サンゴの密集した浅い棚からいっきに40mオーバーまで落ちるドロップオフが広がっています。潮通しの良さから魚影が濃く、またウミウシやピグミーシーホース、深場のベラやハゼなども狙えます。岩壁の腔腸動物も豊富です。潜りに行く際は、水中ライトを携帯しましょう

万座コーラル

レベル 初級者〜中級者
エントリー ボート
水深 15~30m
特徴 トンネル内には巨大カノコイセエビが。豪快なオーバーハングもあり、上級者でも楽しめます

万座ドリームホール

レベル 中級者〜上級者
エントリー ボート
水深 25~40m
特徴 ダイナミックなドロップオフの地形ポイント。水深5m付近にある穴の中はL字型の大きな洞窟になっていて、縦に降りて横に抜けることができます。真っ暗なホールから望む外洋の青い海が印象的で、出口で舞うリュウキュウハタンポも圧巻! ドロップオフではイソマグロなどの回遊魚に出会える可能性もあり、浅場のウミウシ&甲殻類も見逃せない贅沢なポイントです

ミニドリームホール

レベル 中級者〜上級者
エントリー ボート
水深 3~25m
特徴 「万座ドリームホール」のミニ版。水深も浅めなので初心者からOK。浅瀬に広がるサンゴ礁は洞窟から抜けてくるダイバーの泡と相まって美しい景色。洞窟は水深18mにあいた横穴が入り口となり、上を見上げるとブルーのコントラストに感動してしまうはず。穴の中ではウコンハネガイやアカマツカサ、リュウキュウハタンポなどに会え、深場ではスミレナガハナダイの姿も

万座毛

レベル 中級者〜上級者
エントリー ボート
水深 5~30m
特徴 離れ根が点在し、そこにはさまざまな生き物が生息しています。運がよければ大型のエイに出会えたり、アケボノハゼやリングアイジョーフィッシュが見られることも。クマノミの仲間も多く、初心者から上級者まで楽しめます。

なかゆくい

レベル 初級者〜上級者
エントリー ボート
水深 5~15m
特徴 沖縄の方言で「ひとやすみ」の名前が付いた、沖縄らしい白砂とサンゴの癒し系ポイント。元気なユビエダハマサンゴと砂地の景観が美しく、マクロ人気NO.1のナカモトイロワケハゼをはじめ、ベニハゼ系や珍しいマクロ生物もいろいろ観察できます

オーバーヘッドロック

レベル 中級者〜上級者
エントリー ボート
水深 5~40m
特徴 ドロップオフを降りると水深18〜20mに広い横穴があり、中に入ればアカマツカサやリュウキュウハタンポなどの群れと出会えます。穴の中から出入口を見ると、パノラマ写真のような風景が広がっています。棚にいるウミウシの数も豊富です

本部(もとぶ)

沖縄県国頭郡本部町

癒し~ダイナミックまでさまざまな海が待つ

南北に細長い沖縄本島の中ほど、東シナ海に突き出た半島が、本部(もとぶ)半島。全国的に有名な「美ら海水族館」、「国営沖縄記念公園(海洋博公園)」、「ナゴパイナップルパーク」を中心とした観光果樹園、県内でも有数のソーキそばの有名店など、中・北部観光の中心地でもあります。本部半島をベースにしたダイビングでは、通年通して比較的に穏やかなビーチポイントのゴリラチョップのほか、沖に浮かぶ瀬底島や水納島、伊江島のポイントを潜る。洞窟やアーチ、ドロップオフから、真っ白な砂地やサンゴなどなどを、さまざまな海中環境が1度に楽しめる欲張りなエリアです。  那覇からは車で2時間ほどかかりますが、本部 滞在なら、ポイントまで近く周辺の島々をゆっくりじっくり潜ることができます

ラビリンス

レベル 初級者〜上級者
エントリー ボート
水深 6~35m
特徴 初心者から上級者まで楽しめる、本部エリアの代表的な地形ポイント。水深5mから20mまで落ち込むドロップオフになっており、リーフの棚にあるたくさんの亀裂が立体迷路のようになっていておもしろい! 地形だけでなく生き物も豊富で、クマノミ5種、ハナダイ各種、珍しいエビ&カニや、ハゼをはじめとした深場のレアな生物など見どころいっぱいです

イエローフィッシュ

レベル 初級者〜上級者
エントリー ボート
水深 ~25m
特徴 ヤシャハゼのコロニーが断然人気! 水納島にある最大水深16mのポイントで、これほどたくさんのヤシャハゼが見られるのは貴重です。簡単には穴に入らないので、ゆっくりと観察・撮影できます。ほかにもベラやリュウグウベラギンポなどが砂地の上を舞っています

ワサワサ

レベル 初級者〜上級者
エントリー ボート
水深 ~25m
特徴 水納島のポイント。真っ白な砂地に点在する根に、ワサワサと魚がいることからこのポイント名が付きました。サンゴの周りには、スズメダイやナンヨウハギ、ハナヒゲウツボなどを見つけることができます

マーメイド

レベル 初級者〜上級者
エントリー ボート
水深 5~25m
特徴 真っ白な砂地が広がり、水深10m前後の砂地にはヤシャハゼやヒレナガネジリンボウなどハゼ類が多く観察できます。ガーデンイールもたくさん生息しています。根にはハナダイの仲間やムレハタタテダイの群れが乱舞していてカラフルで美しいポイントです

唐泊

レベル 初級者〜上級者
エントリー ボート
水深 0~12m
特徴 個体数が少ないトウアカクマノミをはじめ、バイオレットボクサーシュリンプやヤシャハゼ、ヒレナガネジリンボウなどのマクロ派やカメラ派に人気の生き物が多いポイントです。カマスの群れなども見られることもあります

パンプキン

レベル 初級者〜上級者
エントリー ボート
水深 ~24m
特徴 瀬底島の南に位置するため、北風に強いポイント。ここでは高さ3m、直径4 mから 5mのカボチャのようなコモンシコロサンゴが印象的です。手前の砂地ではヒレナガネジリンボウなどのハゼ類が多く生息しており、スミレナガハナダイも見ることができます

崎本部

レベル 初級者〜上級者
エントリー ビーチ
水深 10~14m
特徴 本部にあるビーチポイント。通称「ゴリラチョップ」と呼ばれる岩の周りを潜るので悪天候でも比較的潜れるのが強みです。水深が浅く、クマノミやロクセンスズメダイ、カマスなどが群れていて水中は明るくにぎやか。砂地では各種ハゼが見つかるので、マクロ派やデジカメ派も楽しめます

北部(ほくぶ)

沖縄県国頭郡国頭村

大自然の迫力を全身で感じられる海

沖縄本島北部のダイビングエリアといえば、辺戸岬。本島最北端の地で、隆起サンゴの断崖がそそり立つ景観は圧巻されること間違いなしです。岬からは、左に伊是名島や伊平屋島、北には与論島も見渡せ、レストランやギフトショップ、復帰記念資料館など観光施設もあります

辺戸岬キャニオン

レベル 中級者〜上級者
エントリー ボート
水深 ~45m
特徴 沖縄本島の最北端に位置するポイントでウミガメやナポレオン、大型回遊魚などが見られることも。水深30mにトンネルがあり、ダイナミックな地形も楽しめます。流れが速いため、中級者以上向きのポイントです

辺戸岬ドーム

レベル 上級者
エントリー ボート
水深 ~20m
特徴 水深15mほどの壁に開く穴に入っていくと、その奥は鍾乳石がたれ下がるエアドームになっています。ドームの天井は10mほど。水面から顔を出して空気を吸うこともでき、不思議な体験ができる神秘的なポイントです

AUTHOR

Suga

DIVER ONLINE 編集部

おすすめ記事RECOMMEND

  • PR

    品川祐さんがオススメ! 沖縄ケラマの遊び方

  • PR

    ギョサンでおしゃれコーデ!『ホヌギョサン』を買うなら…

  • PR

    ブルネイ旅行でダイビングと観光を実体験レポート 水陸…

  • PR

    欲張り派も満足!セブ島人気3サイトを一気に潜る

  • PR

    八木アリサ、ダイビングライセンスを取得!

  • PR

    大学生必見! ダイビング研修生 募集中のショップ情報

  • PR

    グラデーションに釘付け!ICE-WATCHの真夏のコ…

  • 古見きゅう、GARMINのダイコン操作を直伝

  • 【開催報告】「マコ旅×CLUB DIVER」第1弾 …

  • 「CLUB DIVER」ツアー&イベントスケジュール…