DIVER 2019年2月号

2019年2月号の巻頭特集は、モデルのKellyさんがニューカレドニアのヌメアとイル・デ・パンの海と食を堪能! また、「コンデジでここまで撮れる!テクニック集」のほか、イカの不思議に焦点をあてたり、マイギアを長持ちさせるオーバーホールについてご紹介。2019年の旅先候補として「3日で行けちゃう南の島」、インドネシア・コモド、石垣島、伊豆大島、沖ノ島の海をご案内。TBSアナウンサー 山本里菜さんも登場します!

  • 鼻緒がない「ホヌギョサン」が今アツい!

    ダイビングでも大活躍。1点物のマーブルカラーは売り切れ御免!

■発売:2019年1月10日(木)
■価格:980円

モデル Kelly が海と食を堪能
ヌメア&イル・デ・パン

写真=細田健太郎 文=小森由樹子
協力=ニューカレドニア観光局、エア・カレドニア・インターナショナル航空、
サウス・パシフィック・ツアーズ、アリゼ、クニエ・スクーバ・センター

メラネシアンの育んだ温かい文化に、洗練されたヨーロッパスタイルが融合され、他に類を見ない独特の雰囲気を醸し出すニューカレドニア。
そこには目がくらむほどの美しいビーチと海、そして、大自然がもたらす新鮮でヘルシーな美食が待っていた。
日本から約8 時間半の楽園へ、
美と健康をテーマにしたライフスタイルで注目されるモデルのKelly が飛んだ。

コンデジでここまで撮れる! テクニック集

水中のコンデジ写真がなかなか上手に撮影できない、撮影機材の買い替えや買い足し、どうしたらいいのかわからない。
そんなあなたに撮影の方法から機材の使い方、最新のコンデジについても紹介!

イカの不思議再発見!

写真=堀口和重 文=真木久美子 イラスト=AAYAA

ホバリングするように水中に浮かんで移動したり、透明感のある妖艶な体つきだったり。
ダイバーには身近な生き物ながら、どこか神秘的な雰囲気が漂うイカの仲間たち。
知っているようで知らないイカの魅力、まとめて紹介します。

弾丸ダイブトラベル
3日で行けちゃう南の島

2019 年はなんと3 連休が10 回もあるんです。
「長い休みは取りにくい」というアナタにも南国ダイブのチャンス。
週末プラス1日が可能なら、日程は選び放題です。
どこ行く、いつ行く、3日で行ける海外ダイブトリップ先をリサーチしました。
弾丸にはなるけど、ギュッと楽しめるモデルプランと合わせて

インドネシアの秘境コモド
オンリーワンの冒険

写真=関戸紀倫 文=湊 亜弥子
取材協力=エス・ティー・ワールド

島の数はおよそ1万3,000 以上と世界一を誇るインドネシア共和国。
その南東に浮かぶコモド諸島は「世界自然遺産」にも登録され、ダイバーの人気が高い。
島々を巡れば恐竜の末裔、コモドドラゴンに出会えたり、ロマンチックなビーチや絶景など、さまざまな魅力にあふれている。
日本人にはなじみの薄いこのエリアを開拓すべく、旅行社「エス・ティー・ワールド」(以下STW)の新人スタッフたちが降り立った。
インドネシアのまだ見ぬ感動を求めて、彼らの軌跡を追ったツアー造成物語。

『DIVER』2019年2月号をで購入する

DIVER’S STORE

Amazon

 

AUTHOR

DIVER ONLINE 編集部

DIVER ONLINE 編集部

  • 鼻緒がない「ホヌギョサン」が今アツい!

    ダイビングでも大活躍。1点物のマーブルカラーは売り切れ御免!

おすすめ記事RECOMMEND

  • PR

    欲張り派も満足!セブ島人気3サイトを一気に潜る

  • PR

    ダイバーにおすすめしたい!『ホヌギョサン』を求めて東…

  • PR

    八木アリサ、ダイビングライセンスを取得!

  • PR

    大学生必見! ダイビング研修生 募集中のショップ情報

  • PR

    グラデーションに釘付け!ICE-WATCHの真夏のコ…

  • PR

    大学生必見! ダイビング研修生 募集中のショップ情報

  • 古見きゅう、GARMINのダイコン操作を直伝

  • 【開催報告】「マコ旅×CLUB DIVER」第1弾 …

  • 「CLUB DIVER」ツアー&イベントスケジュール…