DIVER2020年11月号

10月10日(土)発売の雑誌「DIVER」11月号の特集は、【今こそ、エシカル・ダイバー宣言】。人間の活動が引き起こすさまざまな海の環境問題。今、愛する海で何が起こっているのか。海を愛する者として、何をすべきなのか。かけがえのない海がいつまでも豊かで美しい姿であり続けていられるように、今日から実践できることとは。そのヒントが詰まった一冊です。また、好評のポイントガイドシリーズ「恋する石垣島」は拡大版・12のポイントを一挙に紹介!さらに、10月1日から東京発着ツアーが対象&滞在先で使える地域共通クーポンの運用がスタートした「Go To Travelキャンペーン」で行きたい、日本の海をピックアップ!引き続き、感染症予防に努めながらも、お得に楽しめるダイビング旅行を計画してみては。

2020年11月号|10月10日(土)発売

特集 今こそ、エシカル・ダイバー宣言

「昔は、ほんとうにきれいだった」。かつてのサンゴ礁を知るダイバーは、こう、口をそろえる。世界的に大規模なサンゴの白化現象が発生したのは、22~23年前のこと。以来、エルニーニョなどの気候的な影響にくわえ、温暖化による海水温上昇をひとつの要因として、各地のサンゴが壊滅的なダメージを負ってきた。変わりゆく風景も、地球上にまだまだ残っている美しい海の姿も。もっとも間近に目撃することができる唯一の存在が、我々ダイバーだ。気候変動、海洋汚染など、人間の活動が引き起こすさまざまな海の環境問題。今、愛する海で何が起こっているのか。海を愛する者として、何をすべきなのか。かけがえのない海がいつまでも豊かで美しい姿であり続けていられるように。ダイバーが知っておくべきこと。考えていきたいこと。今日から実践してほしいこと。

特別対談 海と地球と環境と。ダイバーである私たちが今、考えるべきこと

地球環境が急速に変化し、海では高水温が続き、海洋生物は悲鳴を上げている。海を愛する多くのダイバーが「このままではいけない」「何とかしなくてはいけない」という思いを抱えている。自然写真家の高砂淳二さんと環境活動家の武本匡弘さん、お2人の話の中に、ダイバーとして何をすべきか、何を知るべきか、答えのヒントがある。

ダイバーが知るべき海のクライシス最前線

100年の間に少しずつ上昇してきた海水温によって、分布図が変わりつつあるサンゴ。日本の沿岸に広がる豊かな海藻の森。観測データに測量されない行方不明のプラスチックの謎を紐解くカギ・マイクロプラスチックごみ。冷たい海から進行する海洋酸性化によって絶滅の危機に晒されるクリオネ。濫獲により激減したサメ。今、ダイバーが知るべき海の危機とは。

現地ガイドが証言 変わりゆく海 目撃談

日々同じ海に潜り続けているダイビングガイドの皆さんは、さまざまな海の変化を肌で感じている。5年、10年のサイクルで見ると、なくなってしまったものもあれば、新たな登場がうれしい話題になることもある。気候変動は確実に私たちが目にしている海中を変えているのだ。

実践!エコ・ダイビングのお作法

海が好き、生き物が好き。だから、ダイビングが大好き。でも、我々ダイバーの行動が無意識に海や自然を傷つけているとしたら……?いつまでも美しい海で楽しめるように、ダイバーが心得ておくべきこと。

恋する石垣島 拡大版

全国からダイバーがやってくる大人気の島・石垣。その海に潜り込み、愛し、ゲストを楽しませるべく日々奮闘する敏腕ガイド17人が交代でナビゲートするポイントガイドシリーズ。今回は拡大版、12ポイントを一挙に紹介します。

イルカ・クジラが奏でる海の音色に魅せられて

ハワイ島やバハマのイルカ、トンガのザトウクジラを撮り続けるネイチャーフォトグラファーの岡田裕介さん。長年の夢だったイルカとクジラの写真集『これが君の声 青の歌 -Sound of echo, Song of blue-』には、絵画的な落ち着いた表現で魅せる岡田さんならではの水中世界が広がっている。イルカやクジラへの想い、紙の風合いや装丁にもこだわった写真集の発刊エピソードを聞いた。

GO TOで行く日本の海

「Go To Travelキャンペーン」がスタートして約2か月半、10月1日からは東京発着のツアーも対象になった。どうせなら、うまく利用して、よりお得に旅したいもの。そのポイントを、DIVE NAVIの金床啓伍さんに聞いた。

水中花になる夢 HONOKA Dressed for Underwater Photo

純白のドレスを着て、水も光も味方にした幻想世界の主役になれる。そんな夢のような撮影プランが登場した。以前から水中撮影を得意とする写真家右近倫太朗氏の協力を得て、海外挙式や海外ハネムーンを取り扱ってきたSTWのムーンシェルが、まったく新しい“夢”の舞台を用意した。いち早くその夢をタレントのほのかさんが体験した。

フィリピン観光大使 西内ひろさん語るフィリピンの魅力

プライベート旅行をきっかけにフィリピンとの絆を深め続けている西内ひろさん。旅のエピソードから観光大使としての活動まで、フィリピン大使としての活動まで、フィリピンの魅力をたっぷりと語っていただいた。

水中写真家 古見きゅう 20年の集大成 “JAPAN’S SEA” Digest Edition

7月29日~9月16日、品川にあるキヤノンギャラリーSで「JAPAN’S SEA」が開催された。20年以上の歳月を費やし、水中写真家古見きゅう氏が日本各地の海を潜り撮影してきた約20万点の中からセレクトした135点の作品が展示された。多様性に富んだ日本の海をダイジェストで振り返る。

秋の新商品をイッキ見せ! DIVER’S STORE

ダイビングはもちろん、日常生活においても役立つアイテムをピックアップ!夏から秋にかけて新発売となった、今季オススメの商品をご紹介します♪
>>>早速商品をチェック!

DIVER11月号を購入する

DIVER 2020年11月号|10月10日(土)発売|定価:1,100円

ご購入はこちら

AUTHOR

Suga

DIVER ONLINE 編集部

おすすめ記事RECOMMEND

  • PR

    世界70カ国以上で上映された話題作。映画『プラスチッ…

  • PR

    気になるフィリピン・セブの海 人気ポイント7選

  • PR

    【人気沸騰】人気の理由は見た目だけじゃない?DIVE…

  • PR

    古見きゅうインプレッション~GARMIN新世代ダイコ…

  • PR

    GARMIN Descentシリーズ、さらに進化した…

  • PR

    俳優・神尾楓珠さんもエール! タイの海へ、行ける日を…

  • PR

    撮りたいシーンが目白押し!PNGフォトリポート

  • PR

    PNGのベテランガイド野崎さんに聞きました!

  • PR

    PNGの魅力とは?海ガールMoenaさんに聞きました…

  • PR

    PNGの魅力とは?うみカメラマンむらいさちさんに聞き…

  • 西内ひろさんが語るフィリピンの魅力

  • PR

    気になるフィリピン・セブの海 人気ポイント7選

  • 【終了】【ラッピング無料キャンペーン】勤労感謝の日に…

  • 【募集中】「海と地球に優しい暮らし方」教室

  • 【募集終了】あなたの水中写真、生まれ変わらせませんか…

  • PR

    古見きゅうインプレッション~GARMIN新世代ダイコ…

  • PR

    GARMIN Descentシリーズ、さらに進化した…

  • デジタル版 水中写真の教室、開催です! 今回のテーマ…

  • タレントほのか、純白のドレスで水中の別世界の主役にな…

  • PR

    撮りたいシーンが目白押し!PNGフォトリポート