PADI、SSI、NAUI etc…オープンウォーター以上のコース講習内容&価格は

オープンウォーターを取得した初心者なら、上位のコースも気になるものです。講習のコース名称や細かな内容は、団体によって異なりますが、ダイビング技術を向上させるためのコース、楽しみ方の幅を広げるためのコース、トラブル予防と緊急時の対処を身に付けるためのコース、などがあるので確認しておきましょう。

アドバンスド オープン ウォーター コース

Cカードを取得した次のステップとしてメジャーといえるのが、アドバンスドオープンウォーターコース(AOW)。ディープダイビングやナイトダイブなど、テーマと目的を持ったダイビングの楽しさを体感することができます。受講費用は5万円~8万円くらいが一般的。

スペシャルティ ダイバー コース

講習ごとに受講資格や講習内容は異なりますが、学科と海洋実習2ダイブが平均的な講習内容になります。海への興味を広げたり、スキルを磨くコースが充実しているのが特徴です。選択できるおもなダイビングは下に紹介します。行きたい海やしたいことなど、自分の興味やテーマに沿って選択して、知識やスキルを深めるとよいでしょう。
●スペシャルティコース
・中性浮力 ・ナビゲーション ・ ボートダイビング  ・水中写真 ・ドリフトダイビング ・レックダイビング ・水中ナチュラリスト

レスキュー ダイバー コース

ダイバーにとって不可欠なスキルとなるレスキューテクニックを学ぶのが、レスキュー ダイバー コース(RED)です。トラブルを未然に防ぐことに重点を置いて講習を行います。
まずは自分の安全のためのセルフレスキューから入り、バディやグループへと視野を広げていきます。トラブルが発生したときの、適切な判断と素早い対応もしっかり学び、CPR(心配蘇生法)など緊急時の対応を学ぶコースの受講が前提となる場合が多い。受講費用はだいたい6万円~8万円台。

マスター スクーバ ダイバー コース

マスター スクーバ ダイバー(MSD)はアマチュアの最高峰となるランク。指導団体により異なるものの、多くは4~5つのスペシャルティ取得し、50本のダイブ経験を得ることで認定されます。
このように、専門のコースがあるわけではなく、条件を満たしたダイバーが取得可能となります。

おもな指導団体のステップアップコース

PADI

PADI(パディ)では、アドベンチャー・ダイビングを3つ受けることで認定されるのが、「アドベンチャー・ダイバー」、5つ受けることで認定されるのが、「アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー」です。
「アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー」を取得する過程で、「アドベンチャー・ダイバー」の認定もいっしょに受けるダイバーが多いのが特徴です。

SSI

SSI (エスエスアイ)の講習では、一般的にアドバンスドコースと呼ばれるランクに相当するのが、「アドバンスドアドベンチュアラー」です。
SSIの「アドヴァンスドオープンウォーターダイバー」は、アドバンスド コースのレベルとしては、最高峰の基準を設定。またレスキューコースは、ストレス&レスキューという名称でスペシャルティに含まれています。

NAUI

NAUI(ナウイ)の場合、「アドバンススクーバダイバーコース」は、4本以上の海洋実習で認定されます。また、レスキューコースは「スペシャルティダイバーコース」のひとつとして用意されていて、「マスタースクーバダイバーコース」に参加するときの前提資格となっているため、ステップアップするときには必要となります。

AUTHOR

Amano

DIVER ONLINE 編集部

おすすめ記事RECOMMEND

  • PR

    【お知らせ】在宅勤務実施について

  • PR

    【ダイビング経験者大歓迎】好きを仕事にしよう!潜水士…

  • PR

    【GW直行便】フィリピン・ボラカイ島のダイビング&観…

  • PR

    【vol.1】北スラウェシの海を巡る旅~レンベ~

  • PR

    秋冬限定「オーシャンヴィレッジ三浦」が『海に一番近い…

  • PR ヤドカリ

    デザイン性がスゴイ!知られざるヤドカリの世界

  • PR

    スーパーブルーの海へ! 「ブルーアース21都立大」で…

  • PR

    品川祐さんがオススメ! 沖縄ケラマの遊び方

  • PR

    欲張り派も満足!セブ島人気3サイトを一気に潜る

  • PR

    八木アリサ、ダイビングライセンスを取得!

  • 4日間休暇におすすめ!タイ・ラヨーン朝から晩まで充実…

  • 「CLUB DIVER」2020年ツアー&イベントス…

  • 古見きゅう、GARMINのダイコン操作を直伝