水中遺跡調査の一連の流れを網羅的に解説『水中遺跡ハンドブック』PDF版公開!

「水中遺跡」の周知・保護のために文化庁がまとめていた『水中遺跡ハンドブック』PDF版が、3月18日に文化庁のホームページに公開されました。埋蔵文化財保護行政における実務的内容の専門書ですが、カラー版で、写真・挿図も多く、実例を紹介したコラムも散りばめられているなどよりわかりやすくまとめられています.ダイバーも興味を引く内容です。(写真提供=ARIUA)

文化庁が「水中遺跡」の周知・保護のために文化庁がまとめていた『水中遺跡ハンドブック』PDF版が、3月18日に文化庁のホームページに公開されました。

水中遺跡ハンドブック

「水中遺跡」の調査について、情報収集・探査~発掘調査~整理・報告書刊行という一連の流れを網羅的に解説。さらに、出土遺物の保存・管理,水中遺跡の活用についても解説しています。

https://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkazai/shokai/pdf/93679701_01.pdf

 

アジア水中考古学研究所 林原利明さんより

先に刊行されている『発掘調査のてびき―集落遺跡発掘編―』『発掘調査のてびき―整理・報告書編―』『発掘調査のてびき―各種遺跡調査編―』の続編で、発掘調査のてびき―水中遺跡調査編―として位置づけられている「水中遺跡」調査の指南書です。(書籍版は3月中に刊行予定)

この『水中遺跡ハンドブック』を通して「水中遺跡」(水中文化遺産)が周知され,保護が進むことを願います。

埋蔵文化財保護行政における実務的内容の専門書ですが、カラー版で写真・挿図も多く、実例を紹介したコラムも散りばめられているなど、よりわかりやすくまとめられています。研究者や行政担当者でなくても興味を引く内容ですので「水中遺跡」(水中文化遺産)への理解も深まると思います。ダイバーの皆さんも目にする機会があるかもしれません。ぜひ読んでその日に備えてください。

(アジア水中考古学研究所ブログより一部引用)

2011年から調査をしている熱海市・初島沖海底遺跡(江戸時代前期の沈没船遺跡)の調査画像(提供=ARIUA)

特定非営利活動法人アジア水中考古学研究所(ARIUA) のブログ海底遺跡ミュージアム構想 https://blog.canpan.info/ariua/?1647613117

AUTHOR

Suga

DIVER ONLINE 編集部

おすすめ記事RECOMMEND

  • PR

    8月発売!革新機能と遊び心がハイブリッドに交わうPR…

  • PR

    再び"身近"な国へ! STW「フィリピンサマーキャン…

  • PR

    奄美大島「THE SCENE」で今が旬のホエールウォ…

  • PR

    ダイビングも日常も! コンパクトなダイビングコンピュ…

  • PR

    恋する石垣島 ダイビングポイントガイド〈06〉〜敏…

  • 【予約開始】DIVERオリジナルカレンダー2023 …

  • 【最新版】スタッフリアル愛用♡夏も冬も大活躍!DIV…

  • 2021年下半期もっとも売れた商品TOP10を発表!

  • あなたはいくつ持っていますか?海と地球にやさしい暮ら…