【募集終了】あなたの水中写真、生まれ変わらせませんか?「水中写真レタッチ教室」開催です。

お蔵入りと思っていた写真の中には、少しの加工をすることで作品になる写真があります。それがレタッチです。突如訪れたチャンスに、慌ててシャッターを切ったものの、絞りすぎたり、シャッタースピードが速かったりし て、暗くて残念な写真になってしまったことはありませんか?そんな写真でも、画像処理ソフトを使ってレタッチすることで、見事に復活させることができるのです!第1回目の初級編は、これからレタッチを始めてみたい方など、初心者におすすめの内容で、 基本から裏技までをわかりやすく解説します。是非、ご参加ください!

まずはレタッチの一例をご紹介!(協力=田端重彦さん)

光量が足りなくても諦めるな! 

↓↓Before:曇り空の午後で、直射日光は期待できないものの、絞り次第でそれなりに写るはずだったのですが、ストロボの発光量+環境光に対し、絞りすぎたせいで、暗い写真になってしまった一枚。

↓↓After:「暗いけど、写 っていることがわかる」写真は、デ ータとして被写体の情報を持っているため、明るくするだけで、復活させられる可能性が高いのです!

明るさ調整でワンランク上の写真に

↓↓Before:被写体に光が当たらず、周辺部だけ明るい、いわゆる「明るさのバランス」が取れていないケース。

↓↓After:❶全体を明るくする、❷陰影部を明るく起こす、❸陰影部を引き締める、❹白トビを抑える、❺必要に応じてさらに立体感を出す。5つのステップでこの仕上がり。

「色温度」で 青カブリ写真を救え!

↓↓Before:光の三原色のうち、赤が減衰した、陸上とは異なる青い光の環境下で撮った写真は、当然青っぽくなる。これが一般に言う「青カブリ」で、場合によっては青暗く、被写体がはっきりしない写真になることも。

↓↓After:色温度調整を行えば、本来の色味を簡単に再現できる!

生まれ変わらせたい水中写真をお持ちください!

「水中写真レタッチ教室」では、豊富な機能で、本格的な加工や編集ができる画像処理ソフト「Adobe Lightroom」もしくは「Adobe Photoshop」を使って、 何気なく撮った水中写真をプロ並みの作品に仕上げる方法を伝授します。

講師は、雑誌『DIVER』のデザイナーで、自身もダイビング 歴27年という田端重彦さん。 実際にレタッチの実演も行いますので、 生まれ変わらせたい水中写真(RAWまたはJPG)をお持ちください!

第1回目の初級編に続き、中級編、上級編も開催予定ですので、この機会をお見逃しなく!

日時:2020年11月13日(金)19:00~21:00(予定)
場所:STW渋谷サロン(五島育英会ビル)

AUTHOR

Komori

DIVER ONLINE 編集部

おすすめ記事RECOMMEND

  • PR

    恋する石垣島 ダイビングポイントガイド〈02〉〜敏…

  • PR

    【丑年】2021年はウミウシグッズに注目だ!#新商品…

  • PR

    【お知らせ】年末年始の営業時間・休業日について

  • PR

    幻想的な海のシーンにも注目。アニメ映画「ジョゼと虎と…

  • PR

    恋する石垣島 ダイビングポイントガイド〈01〉〜敏…

  • PR

    串本海中フォトコンテスト、今年も開催!

  • PR

    世界70カ国以上で上映された話題作。映画『プラスチッ…

  • PR

    気になるフィリピン・セブの海 人気ポイント7選

  • PR

    【人気沸騰】人気の理由は見た目だけじゃない?DIVE…

  • PR

    古見きゅうインプレッション~GARMIN新世代ダイコ…

  • PR

    恋する石垣島 ダイビングポイントガイド〈02〉〜敏…

  • 使い捨てから卒業!サスティナブルな生活グッズ「みつろ…

  • もうすぐクリスマス★あの人へのプレゼントはなにがいい…

  • PR

    恋する石垣島 ダイビングポイントガイド〈01〉〜敏…

  • DIVERオリジナルカレンダー2021、 話題の写真…

  • 2020年下半期もっとも売れた商品はコレだ!

  • 西内ひろさんが語るフィリピンの魅力

  • PR

    気になるフィリピン・セブの海 人気ポイント7選

  • 【終了】【ラッピング無料キャンペーン】勤労感謝の日に…

  • 【募集終了】「海と地球に優しい暮らし方」教室